株価が上がったらいつ売るのか? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

先日は、日経平均が19,000円を突破し、
20,000円が目の前になりました。

そして、円ドルレートは、1ドル121円になりました。

円安株高の流れはまだ続きそうです。

この時期は、
株を持っている人にとっては売り時です。

保有している株が上がってきたら、
少しずつ利益を確定すると良いでしょう。

株式投資というのは、
多くの場合100株単位での取引になります。

厳密に言うと、
売買単位は各企業が独自に決めるので、
1株から変える株や、10株、1,000か株単位での
取引の株と様々なのですが、
大多数の企業は100株単位ということです。

株価が上がってきた場合、

「いつ売ればいいですか?」

という質問が増えるのですが、
それは、私は決めることはできません。

どのくらい利益が欲しいのか、
いつから保有しているのか、
その株の今後の予測がどうか、

というケースバイケースだからです。

ただ一つ言えるのは、
まだ上がると思っても、
1部利益を確定しておくのは賢明だ
ということです。

どういうことかと言うと、
A社の株を持っていて、
今株価が上がっているとします。

まだ上がるかもしれないし、
でも下がるかもしれない、

せっかく値上がりしたのに
売らずに下がってしまったら悔しい、

という場合、
半分だけ売る、という方法もあります。

そうすれば、一部利益を確定させて、
残りはもっと上がった時のために取っておくのです。

とはいえ、
株は、100株単位での売買がほとんどなので、
半分だけ売るという場合には、
少なくとも200株持っていないと、

「半分売る」

はできないわけです。

株を買うには資金が必要というのは、
こうした売買単位が大きくなるからなのですね。

ちなみに、投資信託は、
1,000円からでも積立投資が可能です。

こうした余裕資金の金額も考えて、
運用先を選びましょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

メディア関連情報

ピックアップ記事

  1. 皆さんこんにちは、投資スクールブルーストーンアカデミーの青柳仁子です。
  2. 2015.10.9

    出版しました
    青柳仁子著『愛され花嫁修業』~幸せを引き寄せるための6つの教え~が出版されました。
  3. TPPの歴史的合意を受けて、私たちの生活がどう変わるのか、というテーマで、フジテレビ「みんな...