マイナスにならない投資はありますか? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

今日は3連休の最終日ですね。

東京は良く晴れて、
行楽日和というか、
夏に逆戻りしたのかと思う
連休でした。

私はずっと仕事でしたが、
天気が良いと仕事もはかどります(^^)/

事務所も窓を全開にして
風を通したら何となく空気も
すっきりした感じです。

さて、今日は、

よくある質問の中から、

「投資ってマイナスになる可能性があるんですよね。
マイナスにならない投資って無いんですか?」

という質問について答えます。

まず、結論から言うと、

「マイナスにならない投資はありません」

もしあったとすれば、
それは、「プラスにもならない」でしょうから、
結局投資とは言えません。

投資は貯金と違って、
増える可能性がある分、
マイナスになる可能性も同様にあるのです。

ということを言うと、

「マイナスになるなら
やらなくても良いです」

という方もいらっしゃるでしょう。

それはそれで良いと思います。
とにかく、貯金だけをやっていく
という方法も間違っていません。

ただ、効率が悪いだけです。

節約しても金利0の銀行に預金しても、
なかなか資産といえる資産ができないご時世です。

そうすると、

「効率が悪いのも嫌だけど
マイナスも嫌だ」

と思いますよね。

ここで一つ知っておいて欲しいことがあります。

それは、

「投資はマイナスになっても良い」

ということです。

意外だと思われるかもしれませんが
投資で資産を築いている人達は、
多くがそう思っていますよ。

それは、
マイナスになることと
損をすることは違うから
です。

投資をして
マイナスになっても
それが確定しなければ
回復する可能性があるのです。

だから、
マイナス=損
ではなくて、

マイナスという一時的な
現象に過ぎないのです。

例えば、あなたが
株に投資をしたとしましょう。

1株1万円で株を買って、
今は、1株8000円だったとしましょう。

2000円のマイナスです。

でも、その株を持ち続けていれば、
そのうち12000円になる可能性があるとしたら、
それは、マイナスだけど損ではないのです。

もちろん、

「でも、結局もっと値下がりしたら?」

と不安になりますよね。

そこで必要になるのが、
正しい投資の知識なのです。

正しい投資の知識があれば、
持ち続けて利益をだせる可能性が高い
株の銘柄を選べます。

マイナスでも不安にならなくなります。

多くの方は、知識が無いから、
マイナスになると怖くて売ってしまい、
マイナス=損
になってしまうのです。

知識があればマイナスも怖くなくなります。

そんな知識を身に付けてみたくないですか?

私が実践し、
1600名以上に教えてきた投資法を
3日で習得できる講座を開催します。

体験入学会も開催しますので、
興味のある方はぜひお越しください。

⇒ https://bluestone-ac.jp/webinar201810/session.html

無料で知りたい人は、
無料オンラインプログラム
もご登録ください。

===============

3日で投資を始めて
7年で資産を倍にする方法」

無料オンラインプログラム

⇒ https://bluestone-ac.net/l/c/begBOb38/tMhgh2Qg

===============

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんこんにちは、投資スクールブルーストーンアカデミーの青柳仁子です。
  2. 2015.10.9

    出版しました
    青柳仁子著『愛され花嫁修業』~幸せを引き寄せるための6つの教え~が出版されました。
  3. TPPの歴史的合意を受けて、私たちの生活がどう変わるのか、というテーマで、フジテレビ「みんな...