なぜ、恵方巻を1本食べるの? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
女性向け初心者のための投資スクール
ブルーストーンアカデミー代表の
青柳仁子です。

昨日は節分でしたね。

私は、恵方巻と豆を買って帰り、
自宅で豆まきをしましたよ。

恵方巻は普通に切って
太巻きとしていただきましたが、

あれ、いつから1本丸ごと食べる
みたいな話になったのでしょうね。

だいたい、そんなに食べられませんよ。

日本の文化って
時代によってころころ変わるので、
面白いですよね。

あと何十年かしたら
節分でチョコを撒いてたりして(^^;)

さて、このように、
常識って常に変わっているって
気づいてましたか?

私は20代の会社員のころから、
あまり上司の言うことを聞かず、
飲み会で気を使ったりしないので、

「あいつは非常識だ」

みたいなことを言われたのですが、

働き方改革が進んだ今では、

「若者ってそんなものだよね」

で終わる話ですよね。

ですから、
あなたが思っている「常識」も
未来永劫変わらない、
というものではないのです。

むしろ、
今の常識は未来の非常識
くらいに考えておかないと
時代に取り残されます。

お金の常識も同じです。

あなたがお金に対して
守っている常識って、
何ですか?

一般的には、

「お金は銀行に預ける」
「投資は危ない」
「借金はするな」
「マイホームを買う」

みたいなことでしょう。

それが悪いわけではありません。

ただ、その常識は、
親の時代から言われていること
ではないですか?

ネット環境や
職場環境、
学校の環境など、

「親は時代遅れだな」

と思うことがあるはずなのに、
なぜ、お金の常識は、
親世代の常識から進化しないのか?

私はいつも不思議に思います。

気づいた人から始めている
お金の常識のアップデートを
あなたも少しずつ始めてみましょう。

まずは、
「常識を疑え!」
です。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

千葉テレビ:投資スクールを紹介いただきました

ピックアップ記事

  1. 皆さんこんにちは、投資スクールブルーストーンアカデミーの青柳仁子です。
  2. 2015.10.9

    出版しました
    青柳仁子著『愛され花嫁修業』~幸せを引き寄せるための6つの教え~が出版されました。
  3. TPPの歴史的合意を受けて、私たちの生活がどう変わるのか、というテーマで、フジテレビ「みんな...