社長になったつもりで考える by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

さて、先日から
私の会社員時代のことを書いています。

20名の部署で
200社の会員企業を担当し、
コンサルティングの案件を提案して、

顧客満足度を上げながら
売り上げも上げる

ということで仕事を改善しようと
私はマネージャーとして奮闘していました。

200社の企業が、
関東甲信越エリア
6県にまたがっていたので、

私は各社員を県別担当に指名し、
会員企業への訪問経路を効率化して
時間と経費を節約しながら
訪問回数を増やそうと考えました。

すると、
思った通り、
会員企業への訪問アポは
効率が良くなり、

一日に数社の企業に
訪問できるようになりました。

また、県の担当となると
地元企業の経営者と
話も弾むものです。

例えば、

「私は栃木担当です。
県内のいろんな地域を回っているんです」

となれば、経営者と
ローカル話で盛り上がれるのです。

そんなことで効果はあったのですが、
ある日、事務の女性から相談されました。

「青柳さん、このところ
社員のレンタカー代が先月の倍になってます」

「えぇ?!、倍に?」

信じられませんでしたが、確かに
レンタカーを利用した代金の経費精算が
相当増えているのです。

レンタカーを使うこと自体は
これまでも普通に行われていました。

担当地域が地方なので、
電車で動くよりも
主要駅からレンタカーの方が
効率よく安く動けるからです。

しかし、費用が倍になるのは
どうなのか、ということなのです。

もちろん、私も社員の一人ですから、
会社の経費で出る交通費が増えたところで
私の懐は痛みません。

請求すれば、会社から交通費は支給されます。

しかし、私は、

「将来起業する」

と決めていたので、その時点で、

「自分がこの会社を経営しているとしたら
どういうマネジメントをするかな?」

と、社長になったつもりで考えていました。

もちろん、口に出していったわけではないですよ。
経営者の思考に近づこうとした、ということです。

社長になったつもりで考えると
経費を無駄に使って売り上げを上げても
嬉しくないなと思いました。

むしろ経費を削減して
売り上げを上げることを目指すべきだ、
と考えたのです。

そこで、なぜレンタカー代が上がったのか、
社員に聞いてみることにしました。

すると、、、

続きはまた次回書きますね。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 皆さんこんにちは、投資スクールブルーストーンアカデミーの青柳仁子です。
  2. 2015.10.9

    出版しました
    青柳仁子著『愛され花嫁修業』~幸せを引き寄せるための6つの教え~が出版されました。
  3. TPPの歴史的合意を受けて、私たちの生活がどう変わるのか、というテーマで、フジテレビ「みんな...