夏枯れ相場とは? by 投資スクール代表 青柳仁子

こんにちは
投資スクールブルーストーンアカデミーの
青柳仁子です。

昨日は打合せの時に
冷房を強めにしていたら
寒くて頭が痛くなりました。

室内温度の調整が難しいですね(^^;)

さて、そろそろ夏休みを取られる方も
多いと思いますが、

それは日本だけでなく、
欧米諸国も同じことですね。

そして、欧米の方が
夏休みを長く取る傾向にあります。

そうすると、
投資にどんな影響があるかというと、

投資家や大手のヘッジファンドが
休みに入るため、
取引量が少なるなる

→株価が上がりにくい

という傾向があります。

株や投資信託も
運用しているのは人間ですから、
そうした生活習慣も関係してくるということです。

そう考えると、
投資も少し身近に感じられますよね。

こうした現象を

「夏枯れ」

といいますが、
この時期は積極的に投資をする人が減ります。

しかし、投資は、
上がれば下がり、下がれば上がることを考えると
この時期をチャンスを捉えることもできるのです。

いつも書いていますが、
どんな状況でも
自分で考えることが大事です。

この時期をどう生かすか
夏休みで時間が取れる方は、
お金の運用について考える時間を取ると良いでしょう。

今日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

関連記事

メディア関連情報

ピックアップ記事

  1. 皆さんこんにちは、投資スクールブルーストーンアカデミーの青柳仁子です。
  2. 2015.10.9

    出版しました
    青柳仁子著『愛され花嫁修業』~幸せを引き寄せるための6つの教え~が出版されました。
  3. TPPの歴史的合意を受けて、私たちの生活がどう変わるのか、というテーマで、フジテレビ「みんな...